古民家の改修も、

​自然素材をつかったリフォームも。

今、古民家再生や、地方の古民家への移住が話題になっていますが、

いざ住むとなれば改修が必要な場合が少なくありません。

 

特に、築50年以上の建物の場合は注意が必要です。

昔ながらの伝統構法で建てられていることが多いため、

補強や改修も、伝統構法に精通した設計や技が必要になるからです。

 

耐震という機能ひとつとっても、

伝統構法と在来工法では考え方がまったくの別もの。

伝統構法では、しなることで揺れを吸収して持ちこたえますが、

在来工法ではぐっと踏ん張る構造になっているため、

その建物がいずれの建て方でつくられているかを見極め、

伝統構法ならでは、在来工法ならではの

補強や改修を施す必要があるのです。

 

かとう建築設計事務所では、

伝統構法で建てられた古民家の改修はもちろん、

自然素材をつかった在来工法の建物のリフォームも行っているため、

改修をお考えの方は、一度ご相談ください。

  • Facebook Social Icon
  • Pinterest Social Icon

Wix.comを使って作成されました

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now